2月が終わるのを実感しなかった。

3月の始まりを感じなかった。ただ時だけを過去に流した。こころのこもらない仕事をした。手を抜いたという意味ではなく、流したのだ。私の校閲さんは手を抜くことは許さないから。黄色い花を庭に植えた。ただの気分転換だ。店先で彼女が声をかけてきた気がしたのだ。

広告
カテゴリー: あの日は風が冷たくて:虚構, なまえのない景色 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中