ときどき椎名町の風景を思い出す

ふるい駅舎で雨、激しい雨だった。それは正確に昭和52年の池袋から椎名町までの車窓からの風景でなくてはならない。物語の背景の話だ。歴史は逆走できないから、池袋の巨大なあのビルは完成していない。それは池袋の話で、椎名町とは直接関係はないのだけれど。

激しい雨の椎名町の小さな駅舎で、僕は彼女と一緒だった。そして偶然、保科君と会った。彼もまた椎名町の住人だったからだ。僕らは一緒にいるときに本当によく保科君と出会ったけれど、そのときが一番最初だったのだ。

 

広告
カテゴリー: ふたたび椎名町から 空想の街, 空想・妄想:架空のものがたり, 君と君の回りに タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中