「だっさい」

先日。御馳走になった際に「だっさい」というお酒をいただいた。難しい漢字で、私には書くことができない。本当は読むこともできない。私に日本酒の良し悪しが分かるはずもないけれど。山口のお酒だということだ。岩国のお酒だと。岩国には好きだった人がいた。今でも大好きな人だ。けれど、その人はもう生きてはいない。岩国は私にとって禁忌の土地なのだ。あの街については語らない。語れないのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中