夕べ見た夢はよいものだった。

書き留めねばならないタイプの名作だった。気分がすこぶるいいというわけではないけれど。結構ドラマチックな方だった。それは確信できる。大問題はそれを覚えていないことだ。思い出せないことだ。今日は一日、その夢のことを何度も繰り返し思い出そうとした。まだあきらめていないのだ。お昼過ぎにヒントのようなものを掴んだように思ったけれど。勘違いだった。もうそれは記憶の向こう側へ沈んでしまったのだろう。悔しい。

広告

夕べ見た夢はよいものだった。」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中