彼女は僕の方を見ていた。

じっと見ていた。この人に見覚えがあるぞという顔でだ。じっと見ていた。僕は僕で、彼女に見覚えがあるような気がしていた。でも、気がしただけで。彼女のことを知らないことを僕はちゃんと知っていた。彼女は僕の知ってる彼女に似ていただけだ。だから、彼女を不自然に眺めながら、僕は別の彼女のことを正しく思い出そうとしていた。再び彼女を思い描こうとしていた。不自然なすれ違い。そうだ。それはただのすれ違いだったのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中