彼の名前を覚えているのに

その名前の漢字二文字の上の方の漢字を思い出せない。手紙を書いたこともあるし、何度かは年賀状も送った。けれどどうしても思い出せない。あれもこれも誤った漢字に思える。彼についての誤った記憶、思い、定義づけ。最後に彼そのものを見かけたのとき、彼は二人連れだった。仲よさそうに話ながら歩いてきた、向こうから。その彼女のことを私は知っていて、よく知っていて。どこに二人の接点があったのかナ・・なんて考えていた。すれちがうとき、確かに私と彼の視線は交差したのだけれど。私がどんな表情をしたかは思い出せない。彼は何もないような、何も感じていないような、アレ‥とか、しまった・・とか、慌てている・・とか、そんなんじゃない。何もない。ただのすれ違う人。そうだったと思う。彼女は私の高校生のときの同級生だったから、1年生のクラスメイトだったから、横に二人が並んだときに、視線は合わさずお互いに「やあ」という顔を作った。彼女には、年賀状を書いたこともないし、手紙を出したこともない。ただのクラスメイトだったけれど。季節さえも思い出せない。風景も思い出せない。あれはいつだっただろう。

私はいつのまにか彼のことを忘れてしまっていた。どうして突然彼の名前が頭に浮かんだのかも定かじゃない。今日は寒い一日だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中